Are you enjoying the photo life?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諦めず ヒカリ求めて

撮影日:2010.6.12
撮影場所:高梁市
camera:Nikon D300
lens:Ai AF Nikkor 35mm F2D
software:Capture NX2 + Adobe Photoshop Elements 6.0(合成)


毎年一枚の写真しか完成させれていないホタル写真、今年の一枚。
DSC_5238.jpg



かなり久しぶりの更新ですorz...

なんだか長い間更新していないと、再開するきっかけというのがなかなか見つけられず、ズルズルと長引いてしまうものですね^^;

一応元気にやってます。



ホタルの写真は毎年の事なんですが、あまり良い場所を知らないためメジャーな観光地に撮りに行くので、なかなか上手く撮るのが難しいです。

車のライトや見物客のライト、見物客の無意味なカメラのフラッシュによって撮影が妨げられるからです。。。

そもそも、ホタルは光を放っているものなのにそれにカメラのフラッシュで光を浴びせてどうするんですか?

今回はカメラ屋の方に教えてもらったあまり人が来ない所へ行ったのですが、運悪くその地域のホタル祭りの日とかぶってしまい、結局人が多かったorz...


撮影方法は少し明るいうちに撮影場所を決め三脚でカメラ位置とピントを固定し風景を何枚か撮っておき、暗くなって蛍が舞いだしたら30秒~1分ほどの長時間露光で何枚も撮影します。

(実際は車のライトやフラッシュなどによって1分も露光出来ませんが^^;)

撮影終了後、家で風景とホタルの光の写真を合成して一枚の写真を完成させます。

なので一回の撮影につき、一枚の写真しか完成させる事が出来ません。

一度決めた場所でカメラを固定してしまうので、ホタル写真を撮るには、下調べがかなり重要なんです。。。


本当は今年はホタルの写真を断念していたのですが、カメラ屋の人の「撮ってないと上手くならない」発言によって撮りに行く気になり、行ってきました。

だけどやっぱり良い場所を知ってないと、伸び伸びとホタルの写真を撮るのは無理のようです^^;


まだ今の時期だとこれから金蛍が撮影出来ますが、行くかどうかは分かりません、、、



P.S.

上映中の「告白」、見に行ってきました。

映画ランキングで上位にいる「告白」ですが、正直見に行く前はあまり期待してませんでした。

ではなぜ見に行ったのかというと、、、映像に使われている色表現、少し青白いような表現が自分は好きで、こういう映像表現をする人の作品をちょっと見てみたいと思ったからです。

見に行った感想としては、ある意味裏切られたって感じですかね。

自分としては、こういう映画はなんだか訳の分からない、ただ見る人が衝撃を受けるグロテスクな映像を流して終了、、、なんて思ってましたが、全然違いました。

内容も、映像表現もしっかりとした映画でした。

確かにR15指定となる映像もありましたが、それ以上にこの映画が訴えかけるものが心に残りました。


この映画は成長期で心理的に不安定な学生を使った作品ですが、問題としている点は大人でも変わらず、

「命」は尊いものとされていますが、その重さを本当の意味で感じるのは一番その人が大切に思っている人物がこの世からいなくなってしまう時だと言う事です。

なくなってからじゃないと気付けない、、、なんだか悲しいですね。


どんな命も大切だ。命に”重い””軽い”もない。自分はそう思ってる。と信じたいですが、、、

果たして”赤の他人の命”と”本当に大切に思っている人の命”ってイコールで繋がっているものなんですかね?


ちょっと恐い事を言ってしまいましたが、そういう疑問を自分の心に問いかけてしまうような映画だと思います。


↓応援して下さる方は、励ましClickをお願いします(o´-ω-)o)ペコッ
人気ブログランキングへ
ブログランキングポイント加算ボタン

にほんブログ村 写真ブログへ
ブログ村ランキングポイント加算ボタン

拍手下さる方、コメントを残して下さる方、ありがとうございます♪

↓お気に召しましたら拍手をお願いします(o´-ω-)o)ペコッ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

No title

見に行ったんですね~~
あれはちょっと興味あるけどw
友達も行ったって言ってました ヨカッタってw
そういう角度から見に行く人って中々居ないでしょうね~~
流石楽さん!!
予想外でヨカッタですねw

蛍撮影ってほんっと難しそうだもん~~
フラッシュは厳禁だよね~~((+_+))
また色々チャレンジしてみてね~^^
楽しみにしてまふ^^

<コメントThanks♪>

今更ながら、コメント遅くなってすいません(o´-ω-)o)ペコッ

>バク さん
「告白」は本当に色々と考えさせられる映画でしたねぇ~(*・x・)(*.x.)ぅん
さっぱりとした映画も良いですが、観る人に”問いかける”映画の方が自分は見応えがあります^^

ホタル撮影、、、まだまだチャレンジは続きます^^;
profile

樂俊

Author:樂俊

自然、その中で生けるモノ達、人間の光と闇、そういったものを自分が見た時どう感じているか、それを写真で表現して行きたいと思います。

goober clock
calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
category
article
all article

全ての記事を表示する

FC2 Counter
camera tools

-camera-

>Nikon D800

>Nikon D300


-lens-

>Carl Zeiss Distagon T* 2,8/15 ZF.2

>Carl Zeiss Distagon T* 2,8/21 ZF.2

>Carl Zeiss Distagon T* 1.4/35 ZF.2

>Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZF.2

>Nikon AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED

>Nikon AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G

>Carl Zeiss Makro Planar T* 2/100 ZF.2

>Nikon AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)

>Nikon AF-S DX Zoom-Nikkor ED 12-24mm F4G(IF)

>Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

>Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II

>Nikon AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)

>SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM


-Teleconverter-

>Nikon Ai AF-S Teleconverter TC-14E II


-speed light-

>Nikon SB-900



-software-

>Nikon Capture NX2

>Nik Color Efex Pro 3.0 Complete Edition


>Adobe Photoshop Lightroom 5

>Nik Software Complete Collection for Lightroom



BLOG RANKING
激励の一票をお願いします。
link

⇒このブログをリンクに追加する

ブロとも申請

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。