Are you enjoying the photo life?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯郷温泉アートプロジェクト ~ガラスのクリスマス 1~

撮影日:2011.12.11
撮影場所:湯郷温泉


DSC_7803-Edit-Edit-Edit.jpg
Nikon D300, Ai AF Nikkor 35mm F2D, Adobe Photoshop Lightroom 3(Nik Software Complete Collection)



今回は岡山の湯郷温泉で現在開催中のイベントの紹介をしたいと思うのでちょっと文書が長めにn(ry


湯郷温泉では去年から「湯郷温泉アートプロジェクト」と称したイベントを行っておりまして、今年で2回目となります。

情報はこちら→「湯郷温泉アートプロジェクト」

イベント期間:2011年12月10日(土)~12月25日(日)

駐車場とか書かれてませんが、「市営駐車場」もしくは「観光案内所」に車を止めるといいと思います。


イベント内容としては、ガラス作家さんたちの作品を湯郷温泉街の色々なお店に展示して、お店を回りながらガラスアート作品を楽しんでもらうというものです。


自分は去年行かなかったのですが、今年は去年よりも倍近くの作家さんたちが参加して、総勢51人集まったと言うことなので見応えは十分あると思います。

作家さんは主に岡山で活動されている方々。


日によってはデモンストレーションなどのイベントもあります。

情報はこちら→「湯郷温泉アートプロジェクト ブログ」


イベント期間的にはもう半分消化したことになりますが、これからクリスマスまでにますます盛り上がるイベントだと思うので、ちょっとでもガラスアートに興味がある方、湯郷温泉で体を休めてゆっくりとしたい方は是非行ってみて下さい。





と、まぁ紹介させてもらいましたが、自分のブログでイベント紹介なんかあまりしません。

今回のイベントを紹介させてもらったのは、単に「ガラスアートが良かったから」と言うだけではなく、人情を感じる事が出来たからです。


温泉街の色々な店に展示されているものを見るわけですが、その店というのが「ホテル」「雑貨店」「ぱん屋」「寿司屋」と様々で、寿司屋なんかはカウンター席のお高いところなので入りにくかったのです。

が、どのお店も「ガラスアート見せてもらっていいですか」「写真撮らせてもらっていいですか」と言うと笑顔で応対していただきましたし、暖かく話掛けてくれました。


これを「当たり前」と思うかもしれませんが、一つ一つのお店が「イベントに参加してるんだ」という意思を持つ事ってイベントを盛り上げる上でとても重要だと思うんです。

御陰で気持ちよく撮影させてもらい帰路に着くことが出来ました。


皆さんもイベントに参加して、ガラスアートに触れるだけではなく人情に触れてみてはいかが?


長文になりましたが!


以上



↓応援して下さる方は、励ましClickをお願いします(o´-ω-)o)ペコッ
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
ブログ村ランキングポイント加算ボタン




人気ブログランキングへ
ブログランキングポイント加算ボタン



拍手下さる方、コメントを残して下さる方、ありがとうございます♪
↓お気に召しましたら拍手をお願いします(o´-ω-)o)ペコッ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

おはよう

「湯の街で人と硝子と巡り合う」 すでになんかわくわくするタイトルのイベント

>今回のイベントを紹介させてもらったのは、単に「ガラスアートが良かったから」と言うだけではなく、人情を感じる事が出来たからです。

楽しみにしています。



<コメントThanks♪>

>サーフ さん
"人情を感じる写真"は撮る事が出来なかったんですが^^;
気持ちよく撮影できたのは、観光客に対する地元の方々の暖かな対応があったからだと思います。
なかなか人と被写体(主役)を入れての写真は撮りずらい事もありますが、チャレンジしたい事ではあります。
profile

樂俊

Author:樂俊

自然、その中で生けるモノ達、人間の光と闇、そういったものを自分が見た時どう感じているか、それを写真で表現して行きたいと思います。

goober clock
calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
category
article
all article

全ての記事を表示する

FC2 Counter
camera tools

-camera-

>Nikon D800

>Nikon D300


-lens-

>Carl Zeiss Distagon T* 2,8/15 ZF.2

>Carl Zeiss Distagon T* 2,8/21 ZF.2

>Carl Zeiss Distagon T* 1.4/35 ZF.2

>Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZF.2

>Nikon AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED

>Nikon AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G

>Carl Zeiss Makro Planar T* 2/100 ZF.2

>Nikon AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)

>Nikon AF-S DX Zoom-Nikkor ED 12-24mm F4G(IF)

>Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

>Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II

>Nikon AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)

>SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM


-Teleconverter-

>Nikon Ai AF-S Teleconverter TC-14E II


-speed light-

>Nikon SB-900



-software-

>Nikon Capture NX2

>Nik Color Efex Pro 3.0 Complete Edition


>Adobe Photoshop Lightroom 5

>Nik Software Complete Collection for Lightroom



BLOG RANKING
激励の一票をお願いします。
link

⇒このブログをリンクに追加する

ブロとも申請

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。