Are you enjoying the photo life?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝山 ~お雛まつり 2012~ part4

撮影日:2012.3.3
撮影場所:勝山


DSC_1659-Edit-Edit-Edit-Edit.jpg
Nikon D300, Carl Zeiss Distagon T* 1.4/35 ZF.2, Adobe Photoshop Lightroom 3(Nik Software Complete Collection)










DSC_1627-Edit-Edit-Edit-Edit.jpg
Nikon D300, Carl Zeiss Distagon T* 1.4/35 ZF.2, Adobe Photoshop Lightroom 3(Nik Software Complete Collection)










DSC_1650-Edit-Edit-Edit.jpg
Nikon D300, Carl Zeiss Distagon T* 1.4/35 ZF.2, Adobe Photoshop Lightroom 3(Nik Software Complete Collection)










DSC_1652-Edit-Edit-Edit.jpg
Nikon D300, Carl Zeiss Distagon T* 1.4/35 ZF.2, Adobe Photoshop Lightroom 3(Nik Software Complete Collection)










DSC_1641-Edit-Edit-Edit.jpg
Nikon D300, Carl Zeiss Distagon T* 1.4/35 ZF.2, Adobe Photoshop Lightroom 3(Nik Software Complete Collection)










DSC_1668-Edit-Edit-Edit-Edit.jpg
Nikon D300, Carl Zeiss Distagon T* 1.4/35 ZF.2, Adobe Photoshop Lightroom 3(Nik Software Complete Collection)





なんだか更新し辛いお題を前回残しちゃって、なんだか失敗したなぁ~。。。

案の定だいぶ間あいてしまいましてorz...



「性善説」と「性悪説」。

せっかくだから語っときましょうか。


要するに人間は"善"であるか"悪"であるかだと思うんだが、自分は"悪"であると思ってる。

「人が生まれた瞬間はまっさら(真っ白)な、天使のよう」、つまりは何の汚れもないという事だと思うんだけど、この時(生まれた時)から人は悪性を持ってして生まれているんではなかろうか?

"生まれた瞬間から、人は欲求や欲望の塊である"


少し考えると、「それって人間に関わらず、動物や他の生き物でも同じ事が言えるんじゃないか?」って思えるけど、人は自然の中で生きているが自然そのものではなく、動植物は自然の中の一部であり自然そのものなんじゃなかろうか。

ならば人と他の生き物とでは明らかな自然との線引きがされている。


つまり存在の善悪は、人間だけに限られたモノじゃないだろうか。。。


、、、


なんだか長くなっちゃうので結論は次回。。。


↓こ、更新するぜぇ~、まだまだ超更新していくぜぇ~。(一日ワンクリックの応援をよろしくお願いします(o´-ω-)o)ペコッ)
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
ブログ村ランキングポイント加算ボタン



人気ブログランキングへ
ブログランキングポイント加算ボタン



拍手下さる方、コメントを残して下さる方、ありがとうございます♪
↓「お前、気にいった!」って方は拍手をお願いします(o´-ω-)o)ペコッ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

No title

んだ!!人間ほど欲求の塊の生き物はいないねw
1.生存の欲求
2.安全・安定の欲求
3.愛・所属の欲求
4.承認の欲求
5.自己実現の欲求
所謂
や食欲・性欲・睡眠欲・排泄欲・物欲が主だよね~
貪欲なのさ~~人間は~~うん!(^^)

<コメントThanks♪>

>バク さん
この話題の結論をここに載せるかどうするか悩み中です^^;

自分の知り合いも見てるもんだから、「あまり聞こえが良くない話になるなぁ」と思いまして、、、

まぁ誰もこの話の結末に期待などしていないと思いますがねw
profile

樂俊

Author:樂俊

自然、その中で生けるモノ達、人間の光と闇、そういったものを自分が見た時どう感じているか、それを写真で表現して行きたいと思います。

goober clock
calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
category
article
all article

全ての記事を表示する

FC2 Counter
camera tools

-camera-

>Nikon D800

>Nikon D300


-lens-

>Carl Zeiss Distagon T* 2,8/15 ZF.2

>Carl Zeiss Distagon T* 2,8/21 ZF.2

>Carl Zeiss Distagon T* 1.4/35 ZF.2

>Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZF.2

>Nikon AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED

>Nikon AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G

>Carl Zeiss Makro Planar T* 2/100 ZF.2

>Nikon AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)

>Nikon AF-S DX Zoom-Nikkor ED 12-24mm F4G(IF)

>Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

>Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II

>Nikon AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)

>SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM


-Teleconverter-

>Nikon Ai AF-S Teleconverter TC-14E II


-speed light-

>Nikon SB-900



-software-

>Nikon Capture NX2

>Nik Color Efex Pro 3.0 Complete Edition


>Adobe Photoshop Lightroom 5

>Nik Software Complete Collection for Lightroom



BLOG RANKING
激励の一票をお願いします。
link

⇒このブログをリンクに追加する

ブロとも申請

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。