Are you enjoying the photo life?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついでに東京観光 ~in 両国~

(*´・ω・`)ノオツ㌍♪


いやぁ~、、、なんでだろ?なんで自分の休日に丁度雨が降るのかねぇ、、、

でも考えようによってはこれからの夏を乗り切る為の恵みの雨♪

良い事ですよね^^


大雨が降っている地方の方は土砂災害、河川付近には要注意ですよ!”



そう、、、

毎日自分の部屋は熱帯夜ですが^^;

だいぶ30℃越えの部屋に慣れてきました♪

この夏も暑くなると思いますが、それ以上に心を熱く燃やせていけたらいいですな^^



東京旅行の2日目は結構観光出来る時間が多かったので、浅草へ行った後に両国の方へも行ってみました。

まぁ両国国技館はフリーマーケットをしていたので素通りしてしまいましたが^^;

camera:Nikon D300
lens:AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)

~旧安田庭園~
丁度お昼時で食事をされている方もいたので、自分もベンチに座って昼食をとりました。
今回の旅は交通費が大きいので食事や買い物などにはお金をかける事が出来なかった^^;
DSC_1046.jpg



~庭園内の亀達~
天気悪いので日向ぼっこじゃないですが、みんな仲良く石の上に乗っかってましたよw
DSC_1062.jpg



~東京都慰霊堂~
三重塔も引っ付いていて変わった寺院風の建物。
大戦の犠牲者も合わせて16万2600柱の遺骨を安置しているとの事。
戦争を知らない自分も含め、今の子供達は知らなければならない、戦争が残すのは悲しみだけだって事を。。。
DSC_1087.jpg



~震災のキロク~
関東大震災時のキロクが”形”としてここには残されている。何枚か載せておきます。
東京高等商船学校内で焼損した魚型水雷(魚雷)の残骸。人の命を奪うことなく焼損して良かったんじゃないかと思う。
DSC_1077.jpg



自動車のボディが焼失し、シャシーだけが残ったもの。
シャシーの真ん中を通るドライブシャフトもグニャッと曲がっていた。
DSC_1082.jpg



この自動車は車両番号第一号という古い歴史を持っていた物だった。
DSC_1085.jpg



~旧国技館跡~
明治42年に建設された旧国技館があった場所で、土俵があった位置にサークルが引かれている。
現在は両国シティコアの自転車置き場になっている^^;
DSC_1089.jpg


端から見ると地味な観光かもしれないけど、自分にとっては充実した観光になったと思う。

楽しむ事だけではなく、何かを感じる事の出来る旅の方が自分は好きだし価値があると思う。

まぁ人それぞれの価値観の違いは当然ありますよね^^

にほんブログ村 写真ブログへ
↑ブログランキングに参加中^^このボタンを押すのってそんなに苦になります?応援クリックして下さる方々に感謝です♪
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

No title

戦争のあとが生々しいですね・・・・。
自転車が綺麗に並んでるのおもしろいです^^

No title

楽さんはいつも思うけど旅行行った時の写真の説明がウマいよね~
私は撮って載せるだけで終わっちゃうから駄目なんだよね~
まぁツアーだとじっくりみる時間がなかったりするのもあるけど勉強しなさすぎだしw
┐(-。ー;)┌ヤレヤレ
ここは勉強になるわ~(^o^)丿
( *′ω`p)q.゚+。ノヽ゚チノヽ゚チ。+゚.p(q′ω`* )

お祭りそろそろじゃない??
又楽しみにしてまっせ~^^

No title

チャリのモノクロの写真おもしろいですね^^
震災の爪あとは、風化させないように、いつまでも、、ありのままここにあればいいね^^

<コメント返信>

>べる~が さん
戦争の傷跡や、震災がどれだけ恐ろしい物だったのかを後世に伝える重要なものだと思います。
繰り返される事にならなければいいのですが、、、

ここを紹介していた情報誌を見て、面白いので撮ってみたいと思って行ってみました^^

>baku さん
そ、そんな事ないですよ^^;自分もかなり勉強不足で、どんなところだったのか説明出来るようにネットで調べたりもしてるんですから^^

去年は暑さにやられて祭り本番には行けませんでしたが、今年は行きますよぉ~♪

>サーフ さん
旅行の案内本にも載っていたところなんですが、自分のイメージした通りに撮れた場所です^^

戦争や震災の恐ろしさ、これを見て、感じて、心まで届けばいいのですが、、、伝える事の難しさを感じます。
profile

樂俊

Author:樂俊

自然、その中で生けるモノ達、人間の光と闇、そういったものを自分が見た時どう感じているか、それを写真で表現して行きたいと思います。

goober clock
calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
category
article
all article

全ての記事を表示する

FC2 Counter
camera tools

-camera-

>Nikon D800

>Nikon D300


-lens-

>Carl Zeiss Distagon T* 2,8/15 ZF.2

>Carl Zeiss Distagon T* 2,8/21 ZF.2

>Carl Zeiss Distagon T* 1.4/35 ZF.2

>Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZF.2

>Nikon AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED

>Nikon AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G

>Carl Zeiss Makro Planar T* 2/100 ZF.2

>Nikon AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)

>Nikon AF-S DX Zoom-Nikkor ED 12-24mm F4G(IF)

>Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

>Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II

>Nikon AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)

>SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM


-Teleconverter-

>Nikon Ai AF-S Teleconverter TC-14E II


-speed light-

>Nikon SB-900



-software-

>Nikon Capture NX2

>Nik Color Efex Pro 3.0 Complete Edition


>Adobe Photoshop Lightroom 5

>Nik Software Complete Collection for Lightroom



BLOG RANKING
激励の一票をお願いします。
link

⇒このブログをリンクに追加する

ブロとも申請

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。