Are you enjoying the photo life?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝山 ~お雛まつり 2014~

撮影日:2014.3.1
撮影場所:真庭市勝山


DSC_5593-Edit-Edit-Edit-Edit-Edit.jpg
Nikon D800, Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZF.2, Adobe Photoshop Lightroom 5(Nik Software Complete Collection)





毎年の自分の恒例行事になっているが、やはり勝山のお雛まつりは雰囲気が良いのです。

イベント時だけ盛り上がるという場所ではなく、普段より「のれんの町」としても観光客を集めるここはなんというか、馴染みやすいのです。

他にも新見や上下、倉敷方面なんかの「お雛まつり」にも行きたいのですが、なかなか時間をそちらにまで割けず優先的に勝山に出向いてしまいます。



美観地区に雛人形を見に行ったことはあるのですが、来年はもう少し色々な場所で「お雛まつり」の雰囲気を楽しみたいところですな。





※拍手なんぞ押してもらえれば有り難いです((。´・ω・)。´_ _))ペコッ

↓このブログを盛り上げていく事にご協力下さい(o´-ω-)o)ペコッ
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
ブログ村ランキングポイント加算ボタン



人気ブログランキングへ
ブログランキングポイント加算ボタン



拍手下さる方、拍手にコメントを残して下さる方、ありがとうございます♪
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : Nikon D800 Zeiss お雛まつり Lightroom

profile

樂俊

Author:樂俊

自然、その中で生けるモノ達、人間の光と闇、そういったものを自分が見た時どう感じているか、それを写真で表現して行きたいと思います。

goober clock
calendar
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
category
article
all article

全ての記事を表示する

FC2 Counter
camera tools

-camera-

>Nikon D800

>Nikon D300


-lens-

>Carl Zeiss Distagon T* 2,8/15 ZF.2

>Carl Zeiss Distagon T* 2,8/21 ZF.2

>Carl Zeiss Distagon T* 1.4/35 ZF.2

>Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZF.2

>Nikon AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED

>Nikon AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G

>Carl Zeiss Makro Planar T* 2/100 ZF.2

>Nikon AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)

>Nikon AF-S DX Zoom-Nikkor ED 12-24mm F4G(IF)

>Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

>Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II

>Nikon AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)

>SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM


-Teleconverter-

>Nikon Ai AF-S Teleconverter TC-14E II


-speed light-

>Nikon SB-900



-software-

>Nikon Capture NX2

>Nik Color Efex Pro 3.0 Complete Edition


>Adobe Photoshop Lightroom 5

>Nik Software Complete Collection for Lightroom



BLOG RANKING
激励の一票をお願いします。
link

⇒このブログをリンクに追加する

ブロとも申請

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。